中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で1万7000人のフォロワーを持つ中国のネットユーザーが12日、「伝統文化の保護において、中国は町や村単位から日本に惨敗している」とするツイートを掲載したところ、ユーザーたちの議論を呼んだ。

 ツイートは「日本人は極めて短い時間に全面的な西洋化を実現し、各方面で西洋文明を積極的に学んだ。これを中国人は『脱亜入欧だ。アジア人の自尊心を失った』などと嘲笑している」としたうえで、「しかし、本当に日本人と伝統文化保護で競い合ったばあい、村や街レベルで日本人は中国人を“秒殺”する」と論じた。そして、その根拠として「彼らは成人式にみんな和服を着る」ことを挙げた。

 このツイートに対して、ほかのユーザーはさまざまな意見や感想を残した。一部ユーザーは「本当のこと言っちゃダメ、それが一番傷つくんだから」、「ストレートすぎて、罵倒されるんじゃないだろうか」として、ツイート主の意見に賛同を示した。

 その一方で、「日本人がどうだというのか? 無恥な民族とわが中国を比較する資格などあるのか?」と歴史問題などを持ち出してツイート主を批判したり嘲笑したりするユーザーも少なからず見られた。ただ、こういった意見に対しては「相手を攻撃することは、自分に自信がないことの表れ」とする意見もあった。

 議論はまた、中国の伝統文化とは何かという方向にも進み、とくに「どんな衣装が中国を代表するものなのか? 漢服だとか言うなよ」と民族的な複雑性を垣間見せる言論も飛び出した。

 あるユーザーは「確かにそうだけれど、今変えようと思っても実際はとても困難だと思う」と率直な感想をこぼしている。文化は長い歴史の積み重ねによって徐々に醸成されるものであり、急速な経済発展を実現させるのとは訳が違う。仮に今から伝統文化を大事にしようと一念発起したとしても、「伝統文化を守る文化」を根付かせるためにはやはりある程度の時間が必要なのである。

 にわか作りの、しかも押しつけ的な「文化」は、すぐにほころびが出てくるのだ。(編集担当:近間由保)(イメージ写真提供:(C) haendin Chuenmongkolsakul/123RF.COM)