筆者は日本でしばらくの間仕事をしたという。ある時、日本人に割り込みをされた。ところがそれには理由があったと分かった。中国網、中華網、中国語版などが2月末から3月4日ごろにかけて、「日本に行って働いた。日本人に対する印象が徹底的に変わった」などの題で次々に発表した文章の一部を紹介する。

 日本では家の近くの理髪店にしばしば行った。ある時のことだ。理髪店に着くと、もう3、4人が待っていた。やっと私の番になった。ところが、私の後ろの人が立ち上がり、すたすた進んでいくではないか。

 日本でも割り込みをする人がいるのか? これには驚いた。思わず咎めた。「どうして順番を守らないのですか?」――。

 理髪師が笑いながら私に声をかけた。「どうもすみません。最初に話しておけばよかったですね。こちらはあなたより先に来られたのですが、トイレに行っていたんですよ」という。

 だれが信じる? 中国人ならすぐ分かる。なじみの客なんだ。「そうでしょう」と理髪師に言ってやった。理髪師はがっかりしたような顔をした。「皆さんがお客さんなんですから。あなたをだます必要なんかないでしょう」と言い出した。

 認めないだと? ならば中国人の得意技、口論だ。その時、すでに座っていた「あの客」が立ち上がった。「すみません。腹が下ってしまって、どうしようもありません」と言い、また立ち去った。

 そこで、私が理髪してもらうことになった。私の髪を切りながら理髪師は「人と人ですからね。やっぱり信じなきゃ。互いに騙し合っていたら、暮らしが窮屈でしかたないでしょ」などと言った。

 しばらくして、また同じ理髪店に行った。今度は私に事情があった。遅番で出勤する直前だったのだ。時間がない。年末なので、その日を逃すと年内に散髪するのは無理だった。

 順番を待ったが落ち着かない。腕時計をしきりにのぞきこんだ。理髪師が私の様子に気づいた。「お客さん、お急ぎですか?」と声をかけてきた。「はい、このあと仕事があるのです」と説明した。

 理髪師は私が予想もしなかった行動に出た。私の前にいた客のひとりひとりに声をかけて、私を先にしてもよいか、尋ねた。皆がOKしてくれた。私は皆さんにお礼を言ってから、理髪用のいすに腰掛けた。

 前回の理髪師の言い分が理解できた。本当に急いで困っている時だけ、そう言う。だれも嘘は言わない。だから他人を信じることができる。そういうことだったのだ。

**********

 日本人が「きちんと行列する」ことは、中国人の目にはよほど「立派」に映るらしい。しかし一方では「日本人は形式主義」と批判する人もいる。

 上記文章の筆者は、日本人も「形式にとらわれず、臨機応変に処理する」場面に遭遇した。そして、秩序を基本的に乱さず、しかも臨機応変な対応を可能にするのは、人と人との「素朴な相互信頼」との結論を出したようだ。

 ひと口に「中国人の日本人論」といっても、さまざまな「深さ」のものがある。日本人の長所を称讃する場合にも、短所を批判する場合も同様だ。(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:123RF)