中国メディア・新京報は8日、「日本の清掃工場にはなぜ丸い煙突がないのか」として、東京の清掃工場視察を通じて知りえた、日本の環境保護の取り組みについて紹介する記事を掲載した。

 記事は、2020年東京五輪の選手村や高層マンションに近い東京・有明の清掃工場を見学、「なぜ高層マンションエリアで清掃工場が存在し得るのか」としたうえで、工場からゴミはおろか、ゴミを焼却したさいに排出される気体の異臭がまったくしなかったと紹介した。

 そして、工場の所長が「排出される気体は空気に相当する」説明し、排出される有害物質ダイオキシンの量はほぼ0であること、日本企業の技術革新により有害物質を取り除き、最終的には水蒸気に変えて大気中に排出することを明かしたと伝えた。

 また、「市民が清掃工場などに煙突があり、煙が排出されるのを見ることをとても忌み嫌う」ため、丸い煙突を改良して、工場を三角錐のオフィスビルのような形にするとともに、排出される水蒸気も透明になるように工夫したこと説明した。

 記事は、日本でも1950-60年代に深刻な環境汚染が発生して住民の健康を脅かしたことがあると紹介。その教訓から「持続可能な発展を実現するには環境保護が必須」との認識で政府と企業が一致、小さな衝突はあったものの政府と企業が大気汚染予防のための経済コストを支出するようになったとした。

 さらに、日本政府と企業が中国の大気汚染問題に非常に関心を持っているとする環境省職員の話も紹介。中国に対して汚染監視制御の技術や汚染情報公開制度をシェアする提案を行うなど、中国との協力を進めていると語ったことを伝えた。

 記事はこのほか、日本の大気汚染対策の効果や信用度を高めるために、企業に汚染物質排出情報の開示を義務化させ、清掃工場でも関連データをいつでも閲覧できるようにしたり、汚染についての情報をリアルタイムで表示する電子掲示板を設置するなど、情報開示に取り組んでいることも併せて紹介した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C) Lucian Milasan /123RF.COM)