中国メディア「環球時報」は29日付で、カナダで出版される中国語軍事情報誌の漢和防務評論が、瀋陽飛機工業集団が開発したステルス戦闘機「J-31(殲-31)」を酷評したと伝えた。中国で、同機の設計目標が「ライバルである米国の『F-35』を撃墜すること」との言い方があることを「おおぼら」と切って捨て、「せいぜい韓国の『FA-50』と比較できる程度」と論じた。

 漢和防務評論によると、最近になり・・・・

続きを読む