韓国メディアの日刊スポーツは22日、オーストラリアで開催されているアジアカップにおいて、日本代表は優勝候補ではあるものの、「3つの致命的な弱点がある」と主張する記事を掲載した。

 記事は、まず中盤の選手たちの年齢が高く、若手の台頭があまりみられないことを指摘。日本代表は2006年ドイツワールドカップ以降、9年近くもMF遠藤保仁とMF長谷部誠の2人が中盤として日本代表を引っ張ってきたと指摘・・・・

続きを読む