中国の地方紙、蘇州日報は17日、「スマートフォンは何をもたらしたか」とし、“スマートフォン文化”をネガティブにとらえて論じた文章を掲載した。文章の中には、紙媒体メディアの「恨み節」と思わせる批判も垣間見えた。

 記事は、今やバスや地下鉄、渋滞の車の中、さらには入院中のベットの上でもスマートフォンを手放す時間がないと紹介。20年ほど前に「インターネットが生活を変える」と言われていたものが、・・・・

続きを読む