12日のアジアカップ1次リーグ日本-パレスチナ戦後に取材ゾーンでレフェリー批判を行った日本代表FW本田圭佑がアジアサッカー連盟(AFC)から5000米ドル(約59万円)の罰金処分を受けた。中国のネット上では「AFCはお金がないのか」といった声が出ている。

 中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアジア杯オフィシャルアカウントは19日、パレスチナ戦後に「まるでバスケットボールの試合のような・・・・

続きを読む