台湾の馬英九総統が民進党の蔡英文主席(党首)に会談を申し込んでいた件について、蔡主席は14日に、拒否する意向を確定した。蔡主席は「会議は主要な政党や市民グループが共同で行うべき」、「2人だけで会談しても、今の段階で特に意味はない」などと説明した。馬総統については、政策決定の不透明性も批判の理由になっていたが、最大野党の党首との「密室会談」を申し込んだことで、あらためて“馬脚”をあらわすことになった。 <・・・・

続きを読む