内モンゴル自治区高級人民法院(高等裁判所)は15日午前、強姦殺人事件の犯人とされ1996年に死刑を執行されたホクジルト(フクジルト)について、証拠不十分だったとして無罪を宣言した。裁判所が「冤罪(えんざい)だったと認めたことになる。同裁判所の趙建平副院長(副所長)はホクジルトさんの遺族に「まことに申し訳なかった」と謝罪した。中国新聞社が報じた。

 ホクジルトさんは1996年4月9日に発生・・・・

続きを読む