中国海軍・南海艦隊の「某基地」で16日までに、幹部軍人が規則に反して占拠していた、住宅物件231室をすべて“奪還”したことが分かった。基地名は明らかにされていないが場所はリゾート地として人気の高い海南省三亜で、住居物件は「また貸しをして、金銭を得る」目的などで使われていたという。中国新聞社などが報じた。

 記事はまず、幹部軍人が不法に占拠する住居物件を返却させるまでの“苦戦”ぶりを強調し・・・・

続きを読む