ソチ五輪金メダリストの羽生結弦が8日に行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦で、負傷しながらも出場を強行したことについて、中国メディアの央視網は9日、「フィギュアスケート男子シングルでもっとも悲しみに満ちた一戦だった」と伝える一方、羽生の演技に会場の観客たちは感動で涙を流したと報じた。

 記事は、「GPシリーズのうちの1戦にすぎない大会だったが、深い感動があった大会・・・・

続きを読む