中国メディアの網易体育は6日、仁川アジア競技大会で報道陣のカメラを盗んだとして日本選手団から追放された競泳男子の冨田尚弥選手が6日午後、記者会見で冤罪を主張したことを伝えた。冨田選手の主張に対し、中国のネット上では冨田選手を批判する声があがっている。

 網易体育は冨田選手について、「仁川アジア競技大会で報道陣のカメラを盗んだとして約10万円の罰金を科せられた」と紹介しつつ、6日の記者会見・・・・

続きを読む