2014年8月に大麻使用を疑われ、中国で拘束された台湾俳優の柯震東(クー・チェンドン)。14日間の拘留という処罰で台湾に戻ったが、撮影済の出演作品の公開時期が延期になるなど、影響が出ている。中国メディアが報道した。

 中国メディアの西寧晩報によると、チェンドンの主演映画3本が公開を控えており、大麻騒動で公開時期が変更になったとのこと。「15年の旧正月上映予定だった『小時代4:霊魂尽頭』と・・・・

続きを読む