中国共産党は8日、「群集路線教育実践活動」の総括大会を行った。出席した習近平党総書記(国家主席)は「活動」が大きな成果を上げたと述べるとともに、党内での分派活動や利益集団の結成は許さぬと述べた。マルクス・レーニン主義を信奉する政党はそもそも分派活動を厳しく禁止している。あえて「分派活動」に言及したことで、習政権が強く進めてきた党紀粛正に抵抗する勢力が存在することを匂わせることになった。

・・・・

続きを読む