中国メディアの新浪科技は6日、米アップル社の最新スマートフォン「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の販売台数が2100万台を突破した可能性があるとし、販売台数の大半がiPhone 6だと伝えた。

 発売後わずか3日間で1000万台を販売したiPhone 6について、記事は「アップルは公式な数字を発表していない」とする一方、サードパーティの統計を引用し、iPhone 6とiPhone 6 Plusの販売台数は「すでに2000万台を突破している」と指摘。さらにアップルが年内の目標販売台数として7000万-8000万台を掲げていることを紹介したうえで「目標の達成も見えてきた」と論じた。

 さらに、スマートフォン向けアプリプラットフォームを展開するFiksu社の分析として、iPhone 6とiPhone 6 Plusの発売直後の週末において、アクセス環境分析の結果、iPhoneからのアクセス全体のうちiPhone 6からが1.82%、iPhone 6 Plusが0.28%だったと紹介。

 つまりiPhone 6とiPhone 6 Plusの販売台数の割合は6.5:1になるため、販売台数1000万台に達した時点でのiPhone 6の販売台数を算出すると推計約870万台になると伝えた。

 また記事は、WEBサイトのアクセス解析ツールを提供するMixpanel社が「iPhone 6がiPhone全体に占める割合は3.22%で、iPhone 6 Plusの割合は0.47%」と分析、iPhone 6とiPhone 6 Plusの販売台数の割合は6.85:1だと発表していることを紹介した。

 続けて、9月19日のiPhone 6発売以来、販売の伸びはまったく衰えていないとし、Fiksu社とMixpanel社の分析を総合して考えると、「iPhone 6とiPhone 6 Plusの販売台数はすでに2100万台を超えている可能性が高い」と報じた。

 さらに、iPhone 6の販売台数のほうがiPhone 6 Plusより圧倒的に多いとしながらも、「両モデルともに供給が追いつかない状態にある」とし、アップルが組み立てメーカーであるフォックスコンにiPhone 6 Plusの部品供給を急いでいるとの噂(うわさ)もあると伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C) Francis Dean/123RF.COM)