仁川アジア競技大会で報道陣のカメラを盗んだとして日本選手団から追放された競泳男子日本代表の冨田尚弥選手に対して、中国メディアの騰訊体育は「韓国のネットユーザーらから批判の声があがった」と伝えた。

 記事は、韓国の聯合ニュースを引用し、「冨田選手が25日、文鶴朴泰桓水泳場に応援するため来場した際、韓国人記者のカメラを盗んだ」と伝えた。

 続けて、会場の監視カメラを分析した警察が冨田選手を事情聴取したと紹介、盗まれたカメラは宿舎から発見されたと伝えた。さらに、日本オリンピック委員会(JOC)が重大な規律違反があったとして冨田選手を選手団から追放したと紹介した。

 記事は、韓国人カメラマンのカメラを盗んだ冨田選手について韓国ネット上では「ほかにも何か盗んでいないか確認が必要だ」、「アスリートとしては優秀だが、人として最低だ」などといった批判の声があがったと紹介。

 また、「日本人のメンツを潰す行為」との声があがり、日本人選手が韓国人カメラマンのカメラを盗んだということで「一部では反日感情も高まった」と伝えた。(編集担当:村山健二)