9月21日の、台湾・李登輝元総統の東京講演会に出かけた。李元総統はこれからの日本のあるべき姿について「人の本質とは何か」という問題から説き起こした。まず、人とは「自己」と「他者」という異なる存在の分離という現実にかならず向き合わねばならないと主張。つぎに「自己」と「他者」の分離が、どのような様相をもたらすかについて説いた。そして、「他者」という存在に向き合わねばならない国際政治において、自らを守る戦力はそれ・・・・

続きを読む