9月21日の、台湾・李登輝元総統の東京講演会に出かけた。李元総統は主に、これからの日本のあるべき姿について考えを語った。結論そのものは、これまで示してきた考えの方向性に沿ったもので、それほど目新しいものではない。しかし、結論に至るまでの思索の過程と、自らの思索を他者に理解してもらおうという誠意ある姿勢に、大いに感銘を受けた。聴衆も李元総統の言葉を、ひとつでも聞きもらすまいと熱心に聴き入った。会場を、さわやかな緊張感が満たした。

 李元総統がまず指摘したのは、米国の力が凋落していることだ。アジアにおいても軍事力を十分に行使できない状況になったとして「今や世界は、指導する国家なき戦国時代に入った」、「これをアメリカの政治学者、イアン・ブレマー氏は『Gゼロの世界』と呼んでいる」と論じ、日本人に対して「混沌とした時代」の中で自国が生き抜いていくために、何が必要か真剣に考える必要があると説いた。

 そして、安倍首相が7月に、集団的自衛権の行使を認める決断をしたことについて、「アメリカは時をおかずして『歓迎する』との声明を発表しました。わたくし李登輝も大歓迎であります」、「決断した安倍総理には心から敬意を表したいと思います」と述べた。

 李元総統は、日本国憲法を「戦勝国アメリカが、日本を2度と、アメリカに歯向かわせないように押しつけたもの」と主張。第9条で軍事力を持つことが禁止されていることを特に問題視し、「軍事力を保持することが、すなわち戦争を引き起こすことを意味するものではありません」と繰り返し主張した。

 さらに「自分の身を自分で守る」ことは国際社会における原則と指摘し、憲法に軍事力の放棄を盛り込んだ日本が、戦後数十年にわたって国家にとって致命的な問題に遭遇せずに済んだのは「アメリカによる支援と幸運あったからにほかなりません」との考えを示した。

 写真はサーチナ編集部が21日の講演会場で撮影。李元総統はときおり「もう91歳です」などと語りながらも、明晰な論理と際立つ情熱で、健在ぶりを示した。

**********

 李元総統は、日本語で講演を行った。生まれは1923年。周知のように、日本統治下の台湾出身だ。京都帝国大学で学んだ。終戦時、21歳だった。若き頃に磨きをかけた日本語は流暢だ。しかし、今回の講演で驚いたのは、その日本語のレベルではない。聴衆に語りかける情熱だ。生本番の講演ということで、口ごもったりすることは時にある。しかしそれは問題ではない。

 手元の原稿を目を落とすことはあるが、できるかぎり聴衆の目を見つめ、自分の考えを伝えようと、力強く語る。聴衆も李元総統の言葉を、ひとつでも聞きもらすまいと熱心に聴き入る。伝えようとする者、受けとめようとする者が真剣に向かい合った。会場を、さわやかな緊張感が満たした。(続く)(編集担当:如月隼人)