仁川アジア競技大会の組織委員会は25日、セパタクロー男子のネパール代表選手が選手村から失踪したとし、警察が捜索活動を行っていると発表した。中国メディアの網易体育は26日、組織委員会の関係者が「失踪したネパール代表選手は不法移民を目論んでいるのではないかと考えている」と発言したことを伝えた。

 記事は、ネパールのセパタクロー男子代表が韓国からネパールへ帰国しようとした際、選手の1人がいないことが発覚したと紹介。さらに、組織委員会の発表として、監視カメラの映像から「誰にも言うことなく、選手村を夜間に抜けだした」と伝えた。

 続けて、夜間に選手村を抜けだして失踪した選手は黒の制服を着用し、大きな荷物を持っているとし、「仁川で仕事を捜すために選手村からいなくなったと考えられている」と報じた。

 記事は、韓国では中小企業などの労働力不足を解決するため、ベトナムやフィリピンなどの国から労働者を受け入れていると紹介する一方で、韓国国内には20万人を超える不法労働者がいると推測されていることを伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)