21日に行われた仁川アジア大会のバドミントン男子団体準々決勝、日本−韓国の試合で、場内の空調が日本側に不利な環境にあったと、日本代表が疑惑を提起した。韓国代表は「ありえない」などと反発している。

 韓国の複数のメディアは、日本の報道を引用しながら「疑惑の風」について紹介。「田児賢一が『第2ゲームから突然、風が吹いてきた。試合中に、あんなに風が変わるのは経験したことがない』、「日本の舛田圭・・・・

続きを読む