仁川アジア競技大会で22日に行われた女子10メートルエアライフル団体戦で、メダルをめぐる判定が二転三転し、韓国メディアから不満の声があがっている。捜狐体育が22日付報じた。

 報道によれば、女子10メートルエアライフル団体戦で、中国代表が1253.8点で1位を獲得したものの、競技後の確認過程で中国人選手の競技中に違反があったとして成績が取り消され、中国代表の金メダルも取り消しとなった。 ・・・・

続きを読む