遼寧省大連市内の住宅の客間で17日午前3時半ごろ、飲み残しの果汁飲料が入った容器が爆発した。果汁が噴出し、客間の壁にも天井にもべっとりとこびりついた。置いていた姿見の鏡が粉砕されて吹き飛んだ。客間では夫婦2人が寝ていたが、ベッドの頭部分がついたてになり、爆発やガラスの直撃は避けられた。半島晨報などが報じた。

 その晩は、泊りの客があったので夫婦2人は客室で寝ていた。熟睡していた。午前3時・・・・

続きを読む