2012年9月11日に当時の野田内閣が尖閣諸島(中国名:釣魚島)を国有化してから2年が経過することを受け、中国メディアの中国新聞社は10日、中国が尖閣諸島周辺海域での巡視活動を繰り返している理由は、「日本側の抵抗感を薄れさせること」が狙いだと主張する記事を掲載した。

 記事は、「当時の野田内閣は中国政府の反対を顧みず、不法に釣魚島を国有化し、日中関係は急激に悪化した」と主張。さらに、日本・・・・

続きを読む