中国メディアの深セン特区報は9日、撮影機材や電子機器、自動車といった高付加価値分野において日本企業は「世界をリードする立場にある」とし、「日本の技術や製品は、世界中のあらゆる場所に“浸透”している」と報じた。

 記事は、中国における日本製の価値について、「価格」の高さではなく、それぞれの製品にプリントされている「メード・イン・ジャパン」という文字にこそ体現されていると主張。中国では日本製・・・・

続きを読む