中国戦略文化促進会の羅援常務副会長はこのほど、フェニックステレビの番組に出演し、「われわれはすでに、海洋大国への進軍ラッパを吹いた」として、政治、経済、軍事などあらゆる分野における海洋の進出を主張した。中国が海に向かう「正面」は台湾として、「台湾問題が解決したら、われわれが世界に乗り出す際の不沈空母になる」と述べた。さらにフィリピンに対して「今度、戦略的な誤りをおかしたら、懲罰だ」などと述べた。羅援常務副会・・・・

続きを読む