中国・湖北省で4日夜、散歩中の女性が男数人に襲われ、鉄パイプで殴られ、手足を骨折するなどの負傷をした。警察が調べたところ、発端は20年前に「逆恨み」されたことが原因で、相手の女は人を雇って襲撃させたことが分かった。中国新聞社が報じた。

 事件があったのは、湖北省黄岡市英山県。元銀行員のWさんは4日夜8時ごろ、散歩をしていた。するとマスクなどで顔を隠した男数人にいきなり襲われ、鉄パイプで殴・・・・

続きを読む