米食品卸売会社OSIグループ傘下の中国の食品会社「上海福喜食品」が使用期限切れの食肉を使った加工品を販売していた問題で、中国メディアの一財網は8日、「中国と日本の政府が6日に同問題について協議を行ったが、実質的な進展は得られなかった」と伝えた。

 記事は、上海福喜食品による使用期限切れの食肉問題は日本で大きな注目を集めていると紹介、その理由として「上海福喜食品から原料を調達していた日本マ・・・・

続きを読む