新作映画『白髮魔女傳之明月天国』を宣伝中の黄暁明(ホァン・シャオミン)が、プライベートを語り、結婚観についても素直な思いを述べた。人気男優だけにその内容が注目を浴びたようだ。

 中国メディアの揚子晩報は、シャオミンが「いつ結婚するか時期を待っている状況、と語った」と伝え、表面的には穏やかに見えても心は熱いという自己分析も加えた。気持ちを盛り上げて、結婚まで行きつくようだ。

 『白髮魔女傳之明月天國』では、シャオミン演じる卓一航とヒロイン役の範氷氷(ファン・ビンビン)が叶わぬ恋を切なく演じているが、「大いに共感できる」とシャオミンは語り、「運命の人に巡り合えたら試練を乗り越えて、例え一度でもいいので愛を語りたい」とロマンティストな一面をのぞかせた。

 また現実問題として、「恋人との喧嘩を避けるため、どんな時でも彼女が正しいと認めなければいけない」と、割りきった考えも持っていることを明かした。

 また以前は、結婚して父親になる自分がイメージできなかったというシャオミンだが、「今年は結婚する時期が来る、と思えるようになりました」と公言した。「結婚はフィーリングですし、してもいいかなと突然思いつく。そういう時期が来なければ、相応しくないということです」と結婚観を述べている。

 約4年間交際を続けてきたアンジェラベイビー(Angelababy/楊穎)と、2014年2月に恋人宣言を果たしたシャオミン。結婚に向けて準備を進めていると言われているので、ファンもメディアもおめでたい発表を待っている状態だ。(編集担当:饒波貴子)(写真は「CNSPHOTO」提供、映画『白髮魔女傳之明月天國』で共演したホァン・シャオミン(右)とファン・ビンビン、2014年4月撮影)