中国で、前中央政治局常務委員の周永康氏が「腐敗行為」で取り調べを受けていることが正式に明らかにされたのは7月29日だった。約1週間が経過したが、全国に31ある省レベル行政区画(省・中央直轄市・民族自治区)のうち、これまでに共産党による同決定を明確に支持したのは18カ所という。周氏の処分をめぐる見方では、共産党内部で“温度差”があるとみられる。

 新華社は7月29日午後、中国共産党が周永康・・・・

続きを読む