中国メディア・法制晩報は4日、3日に雲南省昭通市魯甸県で発生したマグニチュード6.5の地震で300人以上が死亡し、1800人以上が負傷したことを伝えるとともに、今回の地震で大きな被害が出た5つの要因について解説した記事を掲載した。

 記事は、マグニチュードの大きさ、震源の浅さ、被災地の人口密度、被災地の家屋の質、天気の5つの要素による専門家の分析を紹介。

 マグニチュ・・・・

続きを読む