中国政府・外交部は4日午後、内外の記者約100人を招いて茶話会を開催した。同会で外交部辺海局の易先良副局長は、海上における領有権を巡り日本やベトナム、フィリピンなどとの対立が激化していることについて「事件の起因はいずれも中国側にはない。中国は迫られて、適度で限定的な反応をしている」と述べた。中国新聞社が報じた。

 易副局長は「中国の周辺海域は全体的には安定している。発生した個別の事件には・・・・

続きを読む