中国では7月28日から30日までの3日間に、4都市が「1世帯が購入できる住宅購入は1物件に限る」とする規制を緩和した。同規制は、投機目的による物件購入が価格高騰を招いているなどとして設けられた。しかし現在では需給バランスが供給過多に傾いて在庫圧力が増大しており、価格の暴落を予防するために規制の緩和が広がっているとされる。中国新聞社が報じた。

 28日には河北省石家荘市が、住宅購入に際して・・・・

続きを読む