中国共産党・中央紀律委員会と中国政府・監察部は29日午後、「中国共産党中央は周永康の紀律違反問題について立件審査することを決定した」と発表した。同党中央政治局の周永康前常務委員に「同志」の文字がないことから、すでに党籍剥奪が決定しているなど、これまで以上に「結論ありき」の状態との見方がある。中央政治局常務委員以上の肩書の人物が、「腐敗問題」で失脚するのは中華人共和国建国以来の事態だ。

 ・・・・

続きを読む