韓国貿易協会国際貿易研究院は28日、少子高齢化の影響で、日本が1992年以降で最大の求人難に陥っていると発表した。日本の現在の姿は遠からぬ未来の韓国の問題であるとして、韓国内でも話題となっている。複数の韓国メディアがこれを報じた。

 韓国貿易協会は、「日本少子化問題が人材不足で現実のものに、企業の対応策は?」と題した報告書を発表。今年5月の日本の有効求人倍率は1.09倍と7カ月連続で1.・・・・

続きを読む