韓国のインターネット上に21日、ソウルの地下鉄1号線の列車内で男性が旭日旗のような模様が描かれたバッグを持っている男性の写真が掲載された。男性は韓国人とみられて、同国のネットユーザーらが問題視している。

 バッグには旭日旗を連想させるデザインが全面に大きく描かれているもので、男性は“斜めがけ”していた。掲載された写真は男性を背後から撮影したもので、後ろ姿から体格の良い若者であることが分かる。投稿者は、男性は「韓国人」と指摘した。

 韓国メディア「クッキーニュース」が22日付けの記事で写真と共に紹介。ネット上には「この人は何も知らずに持っているのだろう。知っていて持つなんてことはあり得ない」、「イスラエルでナチスのハーケンクロイツ模様のバッグを持っているのと同じ」などと怒りのコメントが寄せられているとした。

 記事はまた、旭日旗をめぐる最近の騒動を取り上げて問題視し、旭日旗について「日本軍の侵略と支配を経験した韓国や東南アジア圏では、タブー視されている模様だ」と批判した。(編集担当:新川悠)(写真はクッキーニュースの22日付報道の画面キャプチャ)