中国メディア・新華網は19日、大気汚染の原因となる超微細顆粒物PM2.5に有害物質のホルムアルデヒドが付着することを日本の熊本大学大学院の研究グループが初めて確認したと報じた。

 記事は、PM2.5について「有毒、有害物質をが付着しやすく、人体の健康や大気の質に影響を与える」と解説。ホルムアルデヒドは無色で刺激の強い気体で、おもに皮ふ粘膜に強い刺激を与え、疾病の原因になると説明した。 ・・・・

続きを読む