韓国のサムスン電子は11日、同社の独自OS「Tizen(タイゼン)」を搭載する予定のスマートフォン「Samsung Z」の発売を延期すると発表した。中国メディアの新浪科技が報じた。

 サムスンが6月初旬に発表した「Samsung Z」は、オープンソースのOS「Linux」をベースとしたサムスン独自のOSタイゼンを搭載しており、4.8インチのHD スーパーAMOLEDディスプレイを採用して・・・・

続きを読む