国連から授与されたと思い込んでいた「世界一の善人」との表彰状について、自ら「私はだまされていたらしい」と認めた中国人慈善家の陳光標氏に対して、北京紙の新京報は9日付で「“世界一の善人”の称号でだまされるのは必然だったのでは?」と題する文章を掲載。改めて同氏を批判した。

 陳氏は1969年生まれ。江蘇省の出身だ。現在は江蘇黄埔再生資源利用公司の董事長(会長)を務める実業家で、中国赤十字の常・・・・

続きを読む