中国政府・外交部の洪磊報道官は8日の記者会見で、日本の政権担当者は歴史問題について「最低限の認識も欠如している」として、「しっかりと補習を受けることが必要」などと述べた。菅義偉官房長官が7日の記者会見で、中国の習近平国家主席の演説について、「歴史問題を国際問題化することは、地域の平和と協力のためになんら役に立つものではない」と述べたことに、反発した。

 7日は盧溝橋事件(1937年)が勃・・・・

続きを読む