広西チワン族自治区桂林市陽朔県の元国土局局長が、収賄などの罪で懲役10年の刑を言い渡されたにもかかわらず、刑が執行されていないことが分かった。刑を言い渡した裁判所は、「重病のため、刑の執行が不能と判断」と説明したが、同元局長は同自治区内や四川省への旅行を繰り返し「悠々自適」の生活を送っているという。多くの中国人が「司法の腐敗ではないか」と疑っている。中国新聞社が報じた。

 陽朔県国土局の・・・・

続きを読む