遼寧省大連市金州開発区で6月30日午後6時半ごろ、地下に敷設されていた原油パイプラインが爆発・炎上した。工事のためのドリルが、パイプラインを破損したことが原因と見られている。原油は下水管にあふれて爆発。マンホールの蓋(ふた)がはね飛び、燃える原油が噴き上がった。原油は地上で炎の川となった。同爆発で周辺地域の住民約2万人が避難した。中国新聞社などが報じた。

 爆発したのは中国石油天然気(中・・・・

続きを読む