中国政府・国防部の楊宇軍報道官は26日の定例記者会見で、安倍内閣が目指す「憲法解釈で集団的自衛権の行使を認める」方針の決定について、「歴史を直視せねば、歴史上の失敗を繰り返すだろう」と述べた。

 楊報道官は同問題について「中国は何度も立場を表明している。日本は軍事分野におけるいかなる政策調整についても、隣国の主権と安全という利益を損ねるべきでない」と論じ、「私は改めて強調しておきたい」と前置きした上で「『前事を忘れず、後事の師とする』という。歴史を直視せねば、歴史上の失敗を繰り返すだろう」と述べた。(編集担当:如月隼人)