サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会グループCの第2節でザッケローニ監督率いる日本代表は、退場者を出して1人少なくなったギリシャ代表を相手にスコアレスドローに終わった。第2節までに勝ち点6を得たコロンビア代表が早々に決勝トーナメント進出を決め、残る1枠をめぐってはコートジボワール代表が勝ち点3でリードしており、勝ち点1の日本代表は決勝トーナメント進出が危うい状況だ。

 日本代表の・・・・

続きを読む