サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会で日本時間23日、韓国代表がアルジェリア代表と対戦して2-4で敗れた。中国メディア・東北網は試合後、韓国の背番号10・FW朴主永(パク・チュヨン)を「戦犯」とみなし、「まるで空気」、「10人サッカーだった」などと報じた。

 記事は、朴が出場した57分間でボールを扱った回数が先発メンバー中でゴールキーパーに次いで少なく、パスはわずか19回、シュート・・・・

続きを読む