ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の優勝国であるスペイン代表がグループリーグで姿を消すなど、波乱含みのブラジル大会だが、アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表がグループリーグで1敗1分と苦しい状況に追い込まれていることについて、中国メディアの新浪体育は20日、「ギリシャ戦での日本代表は、スペインと同じように高いボール保持率を誇りながらも勝ちに結び付けられなかった」と論じた。

 記事・・・・

続きを読む