中国メディア・新民晩報は19日、サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会のグループリーグで2連敗を喫して敗退が決定した前回王者スペイン代表について、元ポルトガル代表のフィーゴ氏が「王者としての覇気がなかった」と評したことを報じた。

 フィーゴ氏は「ブラジルで連覇を果たすのは非常に困難だと思っていたが、ここまで屈辱的な形で敗退するのは残念」とした。そして、スペインにはもはや王者の面影はな・・・・

続きを読む