2014年ブラジルワールドカップ(W杯)グループH組の韓国-ロシア戦が17日(日本時間18日)にクイアバで行われ、韓国代表は1-1で引き分けた。同試合で韓国の奇誠庸(キ・ソンヨン)が危険なプレーでイエローカードを受けたことについて、中国のネット上では批判の声があがっている。新浪体育が報じた。

 韓国とロシアは試合前半、ともに大きなチャンスを作れず重苦しい試合展開が続いていたが、前半30分・・・・

続きを読む