中国政府の台湾窓口部門である国務院台湾事務弁公室の范麗青報道官が11日の記者会見で、「台湾の前途は「台湾同胞を含む中国人民が共同で決める」と発言したことで、台湾で反発の声が高まった。

 11日の記者会見で、新華社の記者が「(民進党所属の)賴清徳台南市長が上海市を訪問した際に台湾独立の問題に触れ、「台湾の前途は(台湾人である)2300万人の人民が共同で決める」と発言したことが台湾の世論の関・・・・

続きを読む