中国社会科学院日本政治中心の王沖特約研究院はこのほど、中国の国内総生産(GDP)が大きく成長し、国家としての総合的な実力も絶えず増強されていることは喜ばしいことであるとする一方、「日本は数多くの点で中国をはるかにリードしており、その差は無視することはできない」と論じた。BWCHINESEが11日付で報じた。

 記事は、日本の研究開発費用がGDPの割合に対して高いことを挙げ、「日本は近年、・・・・

続きを読む