サッカーワールドカップ(W杯)が日本時間13日開幕し、開催国ブラジルがクロアチアに3-1で勝利した。中国メディア・新浪体育は、ブラジルの2点目となったペナルティキック(PK)の判定について、主審を務めた日本人の西村雄一氏が「騙された」と批判的に報じた。

 記事は、1-1で迎えた後半25分にブラジルのFWフレジがペナルティエリア内で相手選手と接触して倒れると、西村氏が笛を吹いてPKを指示し・・・・

続きを読む